若い頃は淡いピンク色だったのに、いつのまにか黒ずんでいると悩んでいるあなたのバストトップ。

何故?バストトップの黒ずみがおきるのでしょうか?
いつまでも、きれいなピンク色のバストトップでありたいと願っていると思います。
そのためには、何故、バストトップの黒ずみがおきてしまうのかを知ることが重要になってきます!
バストトップの黒ずみができる要因には、色々なことが考えらえます。順に説明していきますね。
もし、あなたのバストトップの黒ずみに合致することがあれば、まずは、その原因を取り除くことが第一ステップになります。

バストトップのこすりすぎが、黒ずみをひきおこす要因


あなたの乳首が他の手や体の皮膚のように日焼けする事は、余程のことがない限りありえません。

しかしながら、あなたの乳首はご存知と思いますが、非常に刺激に敏感でデリケートゾーンと呼ばれています。
勿論、デリケートゾーンと呼ばれている理由は別の意味もありますが、それでも、非常にデリケートな場所です。
ブラなどの下着で擦れを何度も受けると、あなたの肌(ここでは、乳首になります)をこのような刺激から守るためにメラニン色素が沈着して、あなたのバストトップの黒ずみになります。
いくら、あなたの肌を守ると言われても。。という感じですよね!いらぬお節介にしかなりません。
勿論、あなたのバストをひっかく事でも黒くなる場合もでてきます。しかし、このような刺激は一過性なので、比較的早く、元の肌色に戻ります。
妊娠すると黒ずむ事もあるりますが、この黒ずみは、あなたの赤ちゃんがおっぱいを探しやすくしているとのことで、赤ちゃんに乳首を吸われたから黒くはなりませんよ!なので、安心してくださいね!

勿論、赤ちゃんがおっぱいを吸うときにあなたの乳首を傷つけるなことも考えられません。


ブラのサイズがあなたのバストの大きさと合っていないことによる摩擦が原因


意外と答えられないのが、あなたのバストサイズです。
そもそも、バストサイズはどこをさしているかあなたは、知っていますか?
もし、あなたがバストサイズの測りかたをしらないならこちらの記事をどうぞ→正しいブラ選びのためのバストトップとアンダーバストの測りかたとは?
実際にバストサイズを正確に把握している人が少なく、小さめのブラを付けている女性が多いです。
つまり、あなたのバストサイズに合っていないわけで、当然のことですが、あなたのデリケートな乳首に耐えず刺激をあたえつづけることになります。
このことにより、あなたの乳首を守ろうとして、乳首の黒ずみにつながります。
バストに谷間をつくりたいあるいは良い形のバストにしたいと思っても、逆効果になるばかりで、良いことは一つもありません。
あなたのバストを綺麗にしたり、バストのサイズを大きくしたいと思うなら、なおさら、あなたのバストサイズに合ったブラを選ぶ必要があります。

まずはあなたのバストサイズを正確に測り、あなたのバストサイズに合うブラを着用することが、きれいなバストつくりにもつながりますよ!

乳首の色をきれいにするためには、乳首に刺激を与えないことが重要になってきます!

そのための、今のべたようにブラの下着のサイズをあなたのバストサイズに合わせることが必須です。
あたりまえのことになりますが、あなたの体は一生同じということはありえません。
10代の頃のバストと30才から40才を過ぎてからのバストサイズは当然違うのが普通です。

もし、最近、ブラの下着の着用感にいつもと違うと感じるようになってきたら、必ず、あなたのバストサイズを測りなおしましょう。


バストトップを洗うときにゴシゴシと洗うことによる原因


先述したように、あなたのバストの黒ずみを消そうと、ゴシゴシと力強く洗うと、あなたのバストの肌にダメージを与えることになります。

その結果、あなたのバストの黒ずみがあっかしてしまいますよ!
なので、バストトップを洗うときには、たっぷりの泡で優しく洗うことが大切です。

ゴシゴシと洗うような洗い方は、あなたのバストに摩擦を起こしてしまいます。その結果、今以上にバストの黒ずみが進行してしまいます。


あなたの体質がバストトップの黒ずみを引き起こしやすい可能性も


実は、あなたはご存知ないかもしれませんが、あなたの乳首は元々メラニン色素が沈着しやすい場所なんです。

生理が始まるまでは通常ピンクの綺麗な色の場合が多いです。
また、赤ちゃんが産まれ授乳しはじめると乳首が黒ずむ人も増えることもあります。
普通の状態では、誰もが乳首の色は、ピンクに近い色です。

同じピンク色でもそれぞれ人によって微妙に違っています。それは肌の色が微妙に違っているのと関係しています。

良くある話だと思いますが、紫外線を浴び続けた時に皮膚が赤くなる人がいても、日焼けしない人もいます。

また、肌が日焼けによって赤くなって、しばらくすると肌が黒くなる人もいます。
あなたの乳首もこれと同様にメラニン色素が活発に機能しやすい人は、黒くなりやすく、元々メラニン色素が少ない人は、あまり黒くならないです。
多少、羨ましいと感じてしまいますが、こればかりは、あなた自身の生まれ持った体質なので仕方ありません。

生活習慣やストレスによるホルモンバランスの乱れが原因になることも


妊娠中などあなたのホルモンバランスが乱れてくると、メラニン色素の沈着が起きやすくなります。
特に黄体ホルモンの影響がおおきいです。
授乳や妊娠中は、あなたもご存知だと思いますが、ホルモンバランスがみだれます。
その結果、あなたの乳首が黒ずむことになります。
勿論、これ以外にもホルモンバランスが崩れる原因はあります。
特に、授乳中や妊娠中は、食生活や生活習慣が変わってしまいます。更に、精神的なストレスも増えることになります。

産後鬱や、赤ちゃんの夜泣き、3時間ごとの授乳など、睡眠時間も不足してきますし、精神的なストレスも増加します。

食生活も妊娠中は大きく変化します。ただし、これらの要因の多くは妊娠中や授乳期間が過ぎれば元のピンク色に戻るります。

メラニン色素は紫外線の影響も考えられます。特に、夏の暑い時期に妊娠していると体温も高くなり、薄着にすることがおおくなります。
その時に、紫外線が乳首も一あたることが考えられます。一般には、衣服で紫外線は遮られますが、薄着は要注意です。
最近の若い女性に乳首が黒ずみが生じるのは、コンビニ弁当など肉系に偏ったことが考えられ、これが、ホルモンバランスの乱れにつながって、乳首の黒ずみになることもあります。
更に、若い世代だと生活習慣も乱れやすく、夜更かしをしたりとホルモンバランスをくずしやすくなります。
なので、乳首の黒ずみに限ったことではありませんが、生活習慣や食生活、ストレスがホルモンバランスをくずし、あなたの色々な部分の肌に悪影響を与えます。
非常に、これらのことを改善するのは難しいことですが、一つづつ見直して改善していくと肌トラブルがおきにくい体質にかえることができます。

できるだけ、取り組むと良いと思います。


ピーリングケアやスクラブなど、刺激が強いケアによる場合


良くやる間違いの肌ケアがあなたの乳首の黒ずみを悪化させてしまいます。
いうまでもないことですが、あなたの乳首はデリケートゾーンですから強い刺激を与える事で、メラノサイトが刺激されてメラニン色素の沈着が、促進されてしいます。

たとえばピーリングケアやスクラブ化粧品で、黒ずみをケアすることは絶対にやめましょう!


あなたのバストトップをゴシゴシと洗うと黒ずみが悪化する!


泡立ちの良い石けんで黒ずみを落とすというケアアイテムがあります。

この肌ケアアイテムを使用してゴシゴシと洗うと黒ずみが酷くなることが多いです。
特に、デリケートなあなたの乳首に刺激を与えたら、黒ずんでしまうこともあるので、あらうとしても、泡で優しく洗うことが大切です!
勿論、乳首以外もゴシゴシと洗うのは、厳禁です!とにかく、肌は刺激に弱いということを覚えておくと良いです。

日頃のケアが乳首の色を変えられる


黒ずんでしまったあなたの乳首が元に戻らない事はありません。バストケアアイテムを使用することで乳首の色を元に戻すことができます。

例えば、美白クリームや保湿クリームによるケアでも可能です。

また、あなたのホルモンのバランスを整えるために、生活習慣や食生活変えるだけでもあなたの乳首の黒ずみに良い結果を与えます。

そして、一番、あなたの乳首の黒ずみの原因となっている乳首への摩擦をおこしにくい肌質のブラに変えるのも良い方法になります。

更に、あなたの乳首に摩擦を与えているブラがあななのバストにあっているかがポイントになります。
なので、あなたのバストサイズにあったブラを使うことが大切になってきます。
このことが、あなたの乳首の黒ずみを防ぐための一番良い方法になります。
更に、あなたのホルモンのバランスを整える食べ物で、ピンク色の乳首を目指すのもオススメです。

バストケアクリームを塗布する時はなるべくお風呂上がりなど清潔な状態にしてから使う事と、赤ちゃんが直接口にくわえる状況を考えて、授乳期が終わってから検討する事など、注意する事がいくつかあります。


バストトップの黒ずみは、なぜおきるのまとめ


日常生活の中で、あなたの乳首にできるだけ刺激を与えず優しく丁寧に扱う事とあなたのバストサイズに合ったブラを選ぶことが、あなたの乳首の黒ずみを薄くして美しいピンクに変えることができます。

また、できてしまったあなたの乳首の黒ずみを解消するには、バストケアクリームを使うこともひとつの方法です。
一刻も早く、あなたの乳首の黒ずみを解消して、イキイキとした毎日がすごせますように!